052-853-6615

親知らず

「親知らず」というと、抜く(抜歯する)といったイメージがありませんか?

親知らずは必ずしも抜くとは限りません。
比較的容易に抜くことができる場合もあれば、
口腔外科手術が必要となるケースもあります。

口腔内の状態を確認し、レントゲン撮影を行い、
「抜歯をしなければならないのかどうか」を判断します。
そして、診査の結果を患者様へ分かりやすくご説明いたします。

親知らずは個人差が激しく、歯の一部分だけ出ていることもあれば、
横向きに生えているケースもあります。

それぞれの患者様の親知らずの状態へ合わせ、適切な治療を行います。
抜歯を行うことなく、暫く様子を見ることもあります。

親知らずへの治療と対応

親知らずによる悪影響について

親知らずを抜かなくても良いケース

抜歯をした方が良いケース

問題のない、大臼歯へ悪影響がある時などは、抜いた方が良いでしょう。

名古屋市昭和区の佐伯歯科では、
できるだけ痛みの少ない抜歯をします

多くの方が「親知らずを抜歯する」というと、強い痛みをイメージされると思います。佐伯歯科では治療時に痛みが少ないよう麻酔を行います。

多くの方が「親知らずを抜歯する」というと、強い痛みをイメージされると思います。佐伯歯科では治療時に痛みが少ないよう麻酔を行います。

もちろん、麻酔時にも痛みがないように配慮をいたします。
患者様にできるだけ負担がないよう治療いたします。

ご不明な点や不安のある方はお気軽にお話ください。
これまでの経験・知識に基づいた、丁寧なご説明をします。

 
痛みのないよう、使用する表面麻酔薬   痛みを減らすため、細い針を使用しております。

>無痛治療・痛みの少ない治療についてはこちら

佐伯歯科で歯科治療を受けられた患者様からのお声をご紹介
奥歯の治療:40代男性 
保険で延長ブリッジ(固定式)を入れた治療例
奥歯が抜けてしまい、これまで食事の時に噛みにくかったのですが
歯科治療を受けてからよく噛めるようなりました。
“人生で忘れていたものが返ってきた感じです!”
診療のご予約
初診の流れ
Menu
  • 無痛治療・痛みのない治療
  • 審美歯科
  • オーラルエステ
  • 歯周病治療
  • 予防歯科
  • 特殊義歯
  • 一般歯科
  • 親知らず
  • 歯ぎしり
  • 小児歯科
  • トップページ
ブログ
歯科治療 無料相談
当院の治療について
よくあるご質問
患者様の声
携帯サイト
052-853-6615
ページ
最上部へ
TOP
PAGE
無料
メール
相談